本日よりブルース・オズボーン氏写真展「かけがえのないもの」~東北で出会った親子たち~はじまりました!

本日より12月26日まで、米原駅東西自由通路の「米原駅Oyakoギャラリー」で、ブルース・オズボーン氏の写真展「かけがえのないもの」~東北で出会った親子たち~を開催いたしております。「I TIE ☆ 会いたい」プロジェクトの取り組みも展示されております。是非、お立ち寄りください!
(以下、リリースから抜粋)
長年、「親子」をテーマに撮り続ける写真家ブルース・オズボーンさん。東日本大震災以降は、福島県相馬市をはじめ、宮城県や岩手県の被災地を訪れ、「新たな出発の記念にしてほしい」との願いを込めて、被災地の親子や家族、仲間の写真を撮影するプロジェクトを展開されています。(中略)この写真展を通じて、被災地支援の輪の風化を防ぐとともに、震災の教訓から親子の重要性を考え、自らの絆を確かめ合う機会にしたいと考えています。
お問い合わせ:水源の里振興室(伊吹庁舎) 0749-58-1121

<

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 本日よりブルース・オズボーン氏写真展「かけがえのないもの」~東北で出会った親子たち~はじまりました!
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed