逗子高校ワークショップ

平成26年度 総合的な学習の時間 地域連携活動ワークショップとして、ブルース・オズボーンが講師になりワークショップをしました。
テーマは、【写真の可能性?言語としての写真?】写 真を使って自分の想いを伝えるには???伝えたいことを写真にするにはどんなことに気をつけたらいいか・・・など。東北でワークショップに参加してくれた 生徒たちの写真やコピーを逗子の生徒たちにも見てもらい、震災後の様子なども伝えながら20人の生徒たちといっしょに授業を進めました。
逗子高校ワークショップ第1日目  1月26日 14:25 ~16:15
逗子高校ワークショップ第2日目  2月2日    14:25 ~16:15

逗子高校ワークショップ

生徒の作品

水平線

水平線
家の近くには同じ学校に通う友達が少ないので、自分の家から見える、海と空の境をみんなに見て欲しくって撮影しました。(S.O.)

つばさ

つばさ
自分が今大切にしてることを伝えたいという思いで、この写真を撮りました。
何か一つに一生懸命取り組むことの楽しさ、好きなスポーツが出来る環境への感謝などの気持ちを、だいじにしている道具で表しました。(R.K.)

逗子の自然

逗子の自然
逗子には自然がたくさんあります。そんな環境への感謝の気持ちをこめて、この写真を撮りました。(S.S.)

鴨居の夜景

鴨居の夜景
この写真の撮影場所は、ボクの故郷の鴨居です。
ボクは、この場所がとっても気にいっていて、何かあるとすぐに行きます。
この場所は100万ドルの夜景よりきれいだと、ボクは思っています。
写真を通して伝えたかったのは、いくら金を積んでピカピカにしても、思いがこもった場所にはかなわない。
つまり、金より気持ちだということです。(R.H.)

写真の可能性

写真の可能性
今回の授業で、カメラの面白さを知りました。
写真にはたくさんの可能性があるということ。カメラを撮って表現しました。(T.N.)

さまざまな風景

さまざまな風景
これは、自分の家から撮った写真です。
この日は富士山も見えて、とても景色がよかったので撮りました。
いつ見ても、元気が出てきて落ち着く景色です。(S.S.)

ヤシの木

ヤシの木
わたしがこの町に引っ越して来たのは3才の頃で、マンションの周りにはヤシの木がたくさん立っています。引っ越してきた頃のヤシの木は、3Mぐらいの高さだったそうですが、今は7Mぐらいになっています。ヤシの木が成長するように、自分も成長して来たのな・・・と、いつも感じてます。時々、台風とかで折れてしまうヤシの木もありますけど、これからも一緒に成長したいです。(A.I.)

うちのうさぎ

うちのうさぎ
家で飼っているウサギの日常を撮りました。
私が小5の頃から飼っているウサギは、もう5才で、とても長生きをしてくれています。
これからも、家族の一員としてずっと一緒にいたいなという気持ちを込めて、普段の様子を写真に撮りました。(A.M.)

逗子高校の自然

逗子高校の自然
写真は、たくさんの自然があって鳥もたくさん住んでいて空気が美味しい学校の風景です。(K.S.)

僕の住む町

僕の住む町
普段から見ている景色を、いろんな角度から見たり、
注意してみると、
いつも見られないような景色に見えた。
実際に普段道路などから見る景色と、
家の2階で見る景色は、
なんだか違う景色に見えた。(N.I.)

超巨大なリラックス

超巨大なリラックス
この写真は、私の飼っているペットが、超巨大なあくびをしているところです。私がカメラを向けたにもかかわらず、目の前で超巨大なあくび。しかし、これは、それほど気を許してくれているということ。のんびりとリラックスしているということだと思います。
このような空間があるということは、動物にとってはとっても大切で、それは私たちにもいえることだと思います。
このうさぎのように、カメラを向けられてもあくびが出来るような、のんびり気楽に過ごせる空間が1つでもあったら・・・もっと増えたら・・・いいなと思い、この写真を選びました。
超巨大なあくび=超巨大なリラックス
こんな生活をしよう!(Y.U.)

1日の終わり

1日の終わり
この写真は、夕方の6時頃に、家から見える景色を撮った写真です。
子どものころからこの景色を見て「きれいだなあ」と、いつも思っていました。また、この景色を久しぶりに見たとき、とてもなつかしく、きれいだと思うと同時に、「今日も一日頑張ったなあ」という気持ちになりました。
だから、この景色は一日の終わりを知らせるご褒美みたいなものに感じました。
その時間帯にしか見られない景色。
この写真で伝えたかったのは、そういう、なつかしくって温かい気持ちです。(M.H.)

光が街の隅々まで行き届いている今を生きている私たちは、とても恵まれています。あなたの街の光を見つめ直してみましょう(Y.M.)

光が街の隅々まで行き届いている今を生きている私たちは、とても恵まれています。あなたの街の光を見つめ直してみましょう(Y.M.)

自宅付近の階段を夜に撮影しました(Y.T.)

自宅付近の階段を夜に撮影しました(Y.T.)

 

———–

WSを終えての感想

◉写真にタイトルや言葉を加えるとイメージも違って見えるのが面白いと思った。

◉写真を上手く撮るのは難しいけど、プロの人と一緒に撮るいい機会だった

◉カメラに着いていた昨日を使うと、同じ写真でも違ったイメージになって面白かった。

◉いつもはスマホで撮ることが多いので、今回は貴重な体験になった。

◉今回習ったことを生かして、気になることや思いでの場所とかを写真に撮りたいと思いました。もっと教わりたかったです。

◉みんなの写真を見て、それぞれの興味が違っていていろいろなジャンルがあるんだと思った。

◉写真にタイトルや文章を付けたりしたことで、写真の可能性が広いんだということが分かった。

◉写真が、撮り方に工夫をしたり言葉をつけることで変化するというところが発見だった。

◉カメラで捉えられる感性について知ることが出来た。

◉カメラに触れたのは初めてだったけど、楽しかったので又撮ってみたい。

◉両親が、写真が好きなのでよく撮っているのを見て簡単そうだと思っていたけど、自分でやってみて、案外奥深いんだと分かった。

◉本格的に写真をしたいと思っているので、とってもいい経験になった。

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 逗子高校ワークショップ
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

コメントは受け付けていません。